Loading...

D-アスパラギン酸でテストステロンと筋肉量が増えまくる!はどこまで本当か?

Teststeron

 

D-アスパラギン酸は筋トレに効くんですか?」ってご質問をいただきましたんで、ちょっと考えてみたいと思います。

 

 

D-アスパラギン酸で男性ホルモンが42%もアップ?

D-アスパラギン酸は昔から筋トレ界では有名なサプリで、飲むとテストステロン(筋肉を作るのに必要なホルモン)がドバドバと増え、筋肉の量がグンと上がるとか言われております。

 

 

その証拠としてよく引き合いに出されるのが2009年の実験(1)。43人の男性を対象に、1日3.12gのD-アスパラギン酸を飲んでもらったんですね。すると、12日後、D-アスパラギン酸を飲んだ参加者は、

 

  • テストステロン値が平均で42%アップ!
  • 黄体ホルモンは平均33%アップ!

 

との結果だったそうな。大半のサプリメーカーは、このデータを根拠に「D-アスパラギン酸は筋トレに効く!」と言っております。



 

追試では「D-アスパラギン酸には効果なし!」

ただし、この話には続きがありまして、その後で行われた実験では「D-アスパラギン酸には効果なし!」って結果が出ちゃってるんですよ。たとえば、

 

  • 1日3gのD-アスパラギン酸を飲みつつ週4の筋トレをしてもらったが、28日後にも特に筋肉の量は増えていなかった(2013年,2)
  • 1日3gまたは6gのD-アスパラギン酸を飲みつつ週4の筋トレをしてもらったところ、3gを飲んだグループには特に変化なし。6gを飲んだグループは逆にテストステロンのレベルが下がってしまった(2015年,3)

 

 といった感じ。見事な食い違いを見せております。

 

 

ここまでデータに差が出た原因としては、「参加者のテストステロンレベルが違う」のが大きそう。

 

 

というのも最初に行われた実験では、参加者のテストステロン値は平均450 ng/dLでして、かなり低めになってるんですね。いっぽうで後の実験は平均650-800 ng/dLぐらいでして、もともとのテストステロン値に大きな差が出ております。

  

 

まとめ

以上の話をまとめますと、

 

  1. もともとテストステロン値が低い人ならD-アスパラギン酸は効くかも
  2. テストステロンが多い人がさらに増やすのには不向き

 

といったところです。というか、そもそもステロイド剤の効果を調べた実験(4)とかを見てますと、テストステロン値が600%ぐらい上がってからようやく筋肉が増えるレベルなんで、 D-アスパラギン酸で42%増やしたところで筋肉量には大した影響はなさそうですけどね。

 

Image credit: shutterstock


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。