Loading...

「レスベラトロールに健康効果はない!」は本当か?


赤ワインにふくまれるレスベラトロールに健康効果がない!ってニュースが出て、ここ数日、サプリファンの間で騒がれまくっております。





 レスベラトロールと死亡率の関連性はない?


レスベラトロールといえば、若返りに効果が絶大として評価されてきたサプリメントです。しかし、イロリオさんの記事によりますと、

 

調査はイタリアに住む783人の高齢者を対象に行われ、被験者には日々の食生活と、レスベラトロルの値を測るため尿検査を実施した。9年に及ぶ調査期間中、268人の男女が死亡、174人が心臓病、34人が進行がんと診断された。

 

教授らはレスベラトロルの値と死亡率、また心臓病やがんの発症率との関係を探ったが、いずれも関連性は確認できなかった。



とのことで、これまでのレスベラトロールの臨床実験とは真逆を行く結果が出ちゃったんですな。これが事実なら、こないだレスベラトロールを買ったばかりのわたしとしては涙目です。

 

問題点1・レスベラトロールの摂取量が少なすぎる

そんなわけで、元になった論文をざっと見てみてみたんですが、結論から言いますと、これだけじゃレスベラトロールサプリの有効性は判断できないですね。



というのも、この研究で、被験者のご老人がたが摂取していたレスベラトロールの量は1日3mgぐらいなんですよ。2011年の論文なんかもそうですけど、たいていの臨床実験では1日25〜500mgの量で効果が出てまして、どうにも比較にならないんですね。わたしが買ったのも1カプセル100mgでしたし。

問題点2・喫煙者のデータを調整していない

あと、死亡率のデータのあつかいも謎。この論文では、ご老人たちを、赤ワインの飲酒量が多いグループと少ないグループにわけているんですけど、普段の酒量が多い人ほどタバコを吸ってる傾向があるんですね(だいたい25%ぐらい)


当然、いくらレスベラトロールを摂ってても、タバコを吸ってたら死亡率も上がっちゃう可能性は高いわけで、やはり「レスベラトロールと死亡率は関係なし!」と言い切るのはムリがあるような…。

 

問題点3・実はハッキリと効果が得られたデータも出ている

また、ニュースではまったく触れられていませんが、論文をよく読むと、

 

  • レスベラトロールを摂っていない老人の認知症の発症率は32.8%
  • レスベラトロールを摂っている老人の認知症の発症率は16.4%


ってデータが出てるんですよね。この差って結構すごいと思うんですが、なぜか論文では1行でサラッとしか書いてないのが不思議。なんか意図があるのかなぁ。

 

まとめ

ということで、この論文でレスベラトロールの健康効果が否定されたとは判断できませんでした。この内容なら、「適度な赤ワインは老人の認知症を倍に下げる!」って見出しでもいいような気がしますし(笑)。わたしは過去の臨床データのほうを信じて、今後も1日に100〜200mgずつ飲んでいくつもりです。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。