Loading...

眠れないときは40℃のシャワーを5分浴びるだけでも違いますよ

Sleeping baby

 

手軽な快眠術としてよくオススメしているのが、 寝る直前に40℃のシャワーを浴びるって方法であります。超シンプルですけど、ビックリするほど眠りの質が上がるんですよ。

 

 

ネタ元は2010年の論文(1)で、ヒトの体内時計は温度によって調節されているというんですな。もともとヒトの体は体温が下がると代謝が落ちていき、同時に疲労や眠気が起きることがわかっております。

 

 

つまりベッドに入る直前に体を温めておけば、そのあと体温が下がっていく落差によって眠気が起きやすくなるわけですね。以前に紹介した「布団からつま先を出して寝るとよく眠れる」ってテクニックと同じ仕組みであります。

 

 



ただしシャワーが熱すぎたり浴びる時間が長すぎたりすると、今度は神経の覚醒システムが作動しちゃうんで逆効果。最高の効果を得るためのベストな設定は、40℃のシャワーを5〜15分なんですね。

 

 

40℃のシャワーには他のメリットもありまして、1995年の論文(2)によれば、筋肉に酸素を送り込んで緊張をやわらげてくれるとのこと。これまた入眠に役立ってくれるわけです。

 

 

そんなわけでなかなか眠れないときは、

 

  1. ベッドに入る直前に40℃のシャワーを5分
  2. 布団に入ったらつま先だけを出す
  3. さらに「4-7-8呼吸法」を行う

 

といった方法を組み合わせていけば、かなり睡眠の質があがるんじゃないかと思われます。お試しあれー。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。