Loading...

カロリー計算が面倒なあなたに送る、パレオ風「手ばかりダイエット」ガイドライン

Pine leaves

 

何度も書いてることですが、ある程度の体脂肪率ならパレオダイエットだけで達成できるものの、食生活を改めた直後などや腹筋を割りたいときなどはカロリー計算が必須であります。

 

 

ただしカロリー計算は長続きしないのが難点。わたしがかつて厳しいカロリー制限を試したときも、いちいちキッチンスケールで食材を計るのが面倒すぎて、何度も挫折しそうになりました。

 

 

そこで近ごろ食事量の目安に使っているのが「手ばかり」です。手のひらを使って大まかなカロリーを把握する方法で、昔からダイエットの世界では定番ですよね。

 

 

といっても旧来の「手ばかりダイエット」は三大栄養素のバランスがパレオダイエットと少し違うんで、自分用にいろいろ作り直していたら以下のようになりました。



 

 

 

 

 

Module1

 

まずは肉と野菜の目安から。タンパク源はにぎり拳1個、野菜は手のひら2つ分が1食分になります。肉と魚には脂肪がふくまれますが、手ばかりを使うときは気にしないでOK。あくまで大まかなガイドラインですんで。

 

Module2

 

続いて炭水化物は手のくぼみに収まるぐらいで、脂肪は親指1本分。健康にいい糖質源と脂肪については「ベストな糖質源番付」 と「ベストな油・脂肪を番付」を参考にしてください。これで1食分。

 

Module3

 

すべてをまとめた食事量はこんなイメージ。おそらく1食分で500〜700kcalになるはずなんで、あとは自分の目的に応じた1日の摂取を決めていただければと思います。痩せたいときは、ここから炭水化物か脂肪を差し引く感じで。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました(http://amzn.to/2ogEBmC)。