Loading...

モテの確率を格段に高めるポイントがメタ分析で確認された件

Laugh

 

人生にはユーモアが超大事

人間の幸福は『遊び心』の量で決まる」なんて話もあるとおり、とにかく人生にユーモアが大事なのは間違いないところ。モテる性格ランキングでも上位にあがってまして、とにかく「笑い」はなにかと大事なんですな。

 

 

でもって、新しく出た論文(1)では、「モテには『笑いのセンス』が合うことが超大事だ!」って結論になってておもしろいです。

 

 

これはカンザス大学の研究で、過去の「恋愛と笑い」に関するデータから15,177人分のサンプルを抜き出したメタ分析になっております。主筆のジェフリー・ホールさんは10年以上にわたって恋愛と笑いの関係を調べてきた有名な人で、この研究も非常に精度が高くてよろしいのではないかと。

 

 

大事なのは「笑いのセンス」が合うこと

では、いきなり結論から言っちゃいますと、

 

  • 「笑いのセンス」が合う異性はかなりひかれ合うし、良い関係が長続きする可能性も激増する!

 

  • たんに「おもしろい人」は別にモテるわけではない!(たいした相関が出てない)

 

って感じです。本当にモテのために大事なのは「笑いの趣味が合うこと」で、当人に笑いのセンスがあるかどうかは問題ではないんだ、と。これはジョークが苦手な人には朗報じゃないでしょうか。

 

 

「おもしろい人かどうか」は重要ではない

ホール博士いわく、

 

「笑いのセンスがある人が好き」という者は多い。しかし、これは実に幅広い概念だ。

 

たんに「いろんな人を笑わせられる人」や「いろんなことをジョークに変えられる人」は、異性との関係の満足度をあげない。

 

カップルの満足度と大きな相関があるのは「笑いのセンスが同じであること」だ。

 

たとえば、あなたとパートナーの双方が「とがった笑い」を好きで、ロマンチックコメディやシットコムは嫌いだったとしよう。もちろん笑いのタイプに優劣はないが、この場面では、2人がともに「とがった笑い」をおもしろいと思っている点がとても重要になる。

 

何をおもしろいと思うかの感覚を共有できれば、あなたの関係性は格段に良くなるのだ。

 

だそうな。よく「お笑い芸人はモテる!」と言われますが、そう考えると、「おもしろい人だからから異性がひきつけられる」のではなくて、「自分にとっておもしろいと思えるようなことを言ってるからモテる」ってことなんでしょうな。

 

 

極論、本人はなにもおもしろいことを言わなくたって、「あの芸人さんいいよねー」みたいな会話が合えばいいわけで、なかなか希望のあるメタ分析じゃないかと(笑)

 

 

相手をからかうジョークはNG

ただし、ここには注意点もありまして、

 

異性に攻撃的なユーモアをぶつけるのは、一般的に関係性を悪化させる。もし相手をからかうようなジョークを言えば、関係性は終わりに向かうだろう。

 

とのこと。もし2人が「ダークな笑い」を好きでも、それを相手にぶつけちゃいけないって話ですな。「あえて女性をおとしめるようなジョークを言え!」みたいな恋愛テクをよく聞きますが、このメタ分析を見る限りでは効果は低そうですなぁ。

 

 

ってことで、気になる異性がいたら、まずは「「どんな笑いが好きか?」を探ってみるといいかもですねー。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

42才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。「パレオダイエットの教科書」と「服用危険」って本が発売中です。