Loading...

ビタミンC点滴で癌が死ぬ!説に新しい進展があったぞ

Intravenous

 ビタミンC点滴で癌細胞は死ぬのか?

昔から「大量のビタミンCが癌に効く!」って話がありまして、アンチエイジングドックなどでは、高濃度のビタミンC点滴が定番メニューのひとつになってたりします。

 

 

もっとも、「ビタミンCが癌に効くの?」って話については紆余曲折がありまして、

 

  1. 1970年代にライナス・ポーリング博士が高濃度のビタミンCが癌に効くって説を提唱
  2. ところが、80年代に検証したテストでは効果の実証に失敗。一気に仮説が不人気に
  3. しかし、90年代に「口から飲んでも癌に効くような量にならないんじゃない?」との新説が浮上
  4. 2000年代には「ビタミンCを点滴で大量に入れればいいんじゃない?」みたいな話に(1)
  5. 2010年の生体外テストで、ビタミンCに癌細胞を殺す働きが確認される(2)
  6. 一部のクリニックが「ビタミンC点滴は癌に効く!」と宣伝スタート ←イマココ

 

といったところです。個人的には、生体外実験のレベルで「癌に効く!」と宣伝しちゃうのはどうなんすか?と思うわけですが、いまのとこ仮説としてはあり得なくもないなーぐらいのレベルではあります。

 



 

放射線治療にビタミンC点滴をプラス

ってとこで、今度は実際に高濃度のビタミンC療法を患者さんに行った実験(3)の結果が出まして、話が一歩進んでおりました。

 

 

これはアイオワ大学の研究で、脳腫瘍に悩む患者さん11人を対象にしたもの。みんな週7で放射線治療と抗がん剤治療を受けていて、そこへ1日15〜87.5gのビタミンC点滴をプラスしたらしい。

 

 

そこで、どんな変化が起きたかと言いますと、

 

  • 癌の進行がとどまる期間が9.4カ月に延びた(通常の平均は7カ月)
  • 全体的な生存期間が18.2カ月に延びた(通常の平均は14カ月)
  • めだった副作用はなし

 

みたいな感じ。そこまで劇的ではないものの、明確な違いは出てますねぇ。どうやら、大量のビタミンCで癌細胞が死ぬって話は、それなりに正しいのかも。

 

 

現時点でのまとめ 

ってことで、なかなか良い結果が出てますが、いまのところはまだ「ちょっと希望が出てきたな…」ぐらいにとらえておいたほうがよさげ。なにせサンプル数が少ないですし、コントロール群もないので。

 

 

とりあえず現時点で言えるのは、

 

  • 口からビタミンCを入れるのはムダ
  • 高濃度のビタミンC点滴は安全
  • ビタミンC点滴で放射線治療と化学療法の効果がちょっと上がるかも

 

って感じです。高濃度ビタミンC点滴はだいたい1回20,000〜25,000円ぐらいなので、あくまで放射線治療や抗癌剤を受けたうえで、コストと相談していく形になるでしょうねぇ。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。