Loading...

どうしてもジャンクフードを食べたいなら高脂肪よりは高炭水化物のほうがマシ

Highcarb

 

高脂肪と高炭水化物のジャンクフードはどっちがいい?

お菓子を食べるなら、高脂肪よりは高炭水化物のほうがマシ!」 っていう面白い論文(1)が出ておりました。

 

 

これはシェフィールド・ハーラム大学の実験で、65名の男女を対象にしたもの。みんなBMIが25以上のぽっちゃり体型で、日ごろ運動をしてない人だけを選んだらしい。

 

 

そのうえで、全員に以下の2つの食事パターンを実践してもらったんですね。

 

  • 高脂肪低炭水化物グループ:脂肪56%、タンパク質13.9%、炭水化物30.1%
  • 低脂肪高炭水化物グループ脂肪23%、タンパク質13.5%、炭水化物63.5%

 

タンパク質だけほぼ同じにして、脂肪と炭水化物の比率だけを変えたわけですな。

 

 

くわしい食事の例をあげますと、

 

  • 高脂肪低炭水化物グループ
    • 薄切りパンのチーズサンドイッチにバターとチェダーチーズ
    • カラメルショートケーキ
    • チーズたっぷりピザ
    • チョコビスケット
  • 低脂肪高炭水化物グループ
    • 厚切りパンのチーズサンドイッチにマーガリンとホワイトチーズ
    • チョコチップスライス
    • チーズ少なめピザ
    • スイスロールケーキ

 

みたいな感じで。全体的にジャンクフードまみれの内容になっております。このような食事を、昼食だけ800kcalに固定して、朝と夜は好きに食べてもらったらしい。

 



 

 

 

高脂肪のジャンクフードは自然に摂取カロリーが990kcal増える

その結果はどうだっかというと、

 

  • 高脂肪低炭水化物グループのほうが1日の摂取カロリーは平均で990kcal多くなった
  • 低脂肪高炭水化物グループのほうが食後2時間までの満腹感が高かった
  • ただし食後から4時間が過ぎると満腹感の差は消えた

 

といった感じ。カロリーの上限を決めなかった場合は、高脂肪&低炭水化物のほうが990kcal分の食欲をアップさせちゃうわけですね。

 

 

ただし、これは「高炭水化物食のほうが満足感がある!」ってことではなく、どっちかといえば「やっぱ高脂肪の加工食品は怖いなー」って話かと思います。マイケル・モスの「フードトラップ」にもあったように、なにせ「脂肪には脳が飽きるリミットがない」わけですからね。

 

 

実際の例をあげると、糖質のかたまりであるジャガイモも、たんに茹でただけだと食品の満足度はトップクラスなのに、油で揚げると急に「デブの原因になる食品」の1位に変わっちゃったりとか。やっぱ加工食品の油は脳を暴走させやすいんでしょうな。

 

 

そんなわけで、結論としてはいつもどおり「タンパク質をちゃんと摂る!」と「カロリーの質にこだわろう!」の2つになるんですけども、さらに付け加えるならば、

 

  • ダイエット中の「チートデイ」でジャンクフードを食べるときは、高脂肪よりも高炭水化物を選ぶほうがマシ!

 

 ってことになるかもしれません。本当はチートデイの日もフルーツで済ますのが理想ですけど、各自の好みもありますからねぇ。
 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。