Loading...

130億ドルを稼ぐ企業の社長さんはどんな時間の使い方をしているのか?みたいな調査

Ceo

 

ここ数年わりと熱いのが「優秀な社長ってどんな人?」ってのを調べる研究であります。当ブログで紹介したところでは、

 

 

みたいな報告が出てたりします。どうも優秀なリーダーってのには一定の共通点があるみたいなんですな。

 

 

でもって、近ごろHBRに出てた研究(1)は、「すごい社長はどんな時間の使い方をしてるの?」ってところを調べてくれてて有用でありました。

 

 

これはハーバード大学の研究で、27人のCEOが対象。男女比は男性が25人で女性が2人となっております。みんな貿易系の会社のトップで、平均で年に130億ドルぐらいの収益がある企業を選んだらしい。

 

 

研究ではCEOのアシスタントに協力を頼み、全員の1日の行動を15分刻みで記録。それを12年ほど続けて60,000時間のデータを集めたというからかなりの労作ですな。

 

 

さて、そこでどんな結論が出たのかと言いますと、

 

  • 優秀なCEOは平日に平均で9.7時間ほど働く
  • 週の労働時間は平均で62.5時間
  • 平日の労働時間の79%を経営に使い、バケーションの70%の時間も経営に使っている
  • 53%のCEOは会社以外の場所で働くことも多かった(自宅とか旅先とか)

 

だったそうな。やっぱえらい人ってすごい働いてるのね……。

 

 

過去には「週に30時間より多く働くと頭が悪くなるぞ!」って研究があったり、「労働時間が週40時間を超すと、死ぬリスクが一気に高くなっちゃう」なんてデータもありましたが、優秀なCEOのみなさんは余裕でそれ以上働いてるみたいっすね。しかも、休暇中も働いてるんだから大変ですな。

 

 

さらに細かい数値を出しますと、

 

  • 会議の数は週に37回で、全体の労働時間の72%を会議に使っていた(会議の時間や質は異なるが、総労働時間数に占める割合はだいたい同じだった)
  • 労働時間の61%は対面の会議に使われていた
  • 残りの15%は、電話、書類の閲覧、書類のリプライに使われていた
  • さらに残りの24%は、電子メールやSNSのコミュニケーションに使われていた

 

ってことで、「社長の仕事とは会議と見つけたり!」みたいな結果になってました。会議が嫌いなわたしとしては悩ましいとこですが。

 

 

では、えらい社長さんたちはいつ休んでいるのかと言えば、

 

  • 平均で1日のリラックスタイムは2.1時間。だいたい読書や映画、趣味に費やすことが多い
  • 睡眠時間は平均で6.9時間
  • 運動時間は1日45分

 

だったそうです。こういうデータをみると、やはり私には社長は無理だなーとか思いますね。会議ばっかして睡眠が1日7時間で趣味の時間が2時間ぐらいとか、やってられないんですが(笑)

 

 

そんなわけで、私は今後も引きこもりながらセコセコと文章を書いていくぞ!とあらためて思った次第です。どうぞよしなに。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item