Loading...

低脂肪ダイエットをしすぎるとウツ状態になるよ!


ここでは、低脂肪ダイエットをしすぎるとウツ状態になるよ!って話をします。ソースは自分(笑)。






というのも、パレオダイエットを始めたばかりの4年前、まだ知識が浅かったもんで、極端に脂肪分を抜いた食生活をしてたんですね。鶏むね肉はていねいに皮をはがし、脂肪の多い豚肉は完全にカット。脂の多いサバやサーモンもひかえておりました。


本来は、良い脂肪をたくさん摂るのが正しいパレオダイエットなんですが、当時はタンパク質至上主義だったんですよね。知識がないって怖い。


その結果、体脂肪は9%まで下がったものの、一方でメキメキと気分は沈んでいったんですね。 とにかく前より不安感が大きくなって、床についてもなかなか眠れないし、日中はイライラが募ってネットばかり見ちゃう。試しにセントジョンズワートを飲んだりもしたんですが、一向に効果は現れず。やがて、過去の失敗ばかりが頭を占拠し始めまして、「これはヤバい!」と思った次第です。


で、あらためて調べなおすと、原因は以前にも紹介したグリシンの不足でした。これは必須アミノ酸の一種でして、豚肉や鶏肉の脂肪にふくまれる成分。お肌のコラーゲンを保つのに重要なほか、幸せ物質と言われるセロトニンの分泌にも必須なんですね。


というわけで、慌ててゼラチンを補給し始めまして、さらに脂溶性ビタミンが豊富なコッドリバーオイル(タラの肝油)をサプリメントで追加したところ、およそ6週間でウツ症状が消えました


パレオダイエットでは「脂肪をたくさん摂れ!」と口を酸っぱくして言うんですが、その意味を実感させられた事例でありました。軽いウツ状態にお悩みの方は、必須アミノ酸のバランスを疑ってみるのも一計かもしれません。

 

credit: Life Mental Health via FindCC


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。